上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホント今更なんですが(てか書こうとも思ってなかったので)


クレしん作者の臼井先生の死亡が確定して、葬儀も行われましたね


死因は崖の下の花を撮影しようとして足を滑らせ転落死の線がもう確定的だとか。


最後の最後まで素顔を見せることなく、大規模な葬儀もしなく、親族だけで見送りを済ませたそうな


ミステリアスな部分が多い分、よりそのカリスマ性が際立って見えたのも臼井先生の魅力の一つでしょう。漫画もアニメも映画も小さな頃からボチボチ見てました。


やはり並の人間とは一際違うカリスマ性を光らせる人間は何らかのハンディキャップがあったりするものです。それが生きている内に来るものなのか、はたまた突然の死としてやってくるものなのかは人それぞれではありますが


朝ニュースで見てた時は「あ~やっぱり臼井先生事故死だったか~」程度の認識で捉えてたのですが、ニコニコのコメント見てたら「ああ臼井先生ってホント色んな人から愛されてたんだな」って思えてきて、その動画の曲もしんみりしたものだったのでちょっと涙が出そうでした(すいません涙脆いんです)


こんなネットの片隅からではございますが、


臼井先生の死を悼みます。長い連載お疲れ様でした、天国でゆっくりとお休みくださいませ。



※ちょっと2サビ後の伴奏が残念なメロディなのでその時だけ動画が荒れております


クレしんのEDの中で一番印象のある曲でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kefirworld.blog118.fc2.com/tb.php/113-c7d34a0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。